【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

あなたの自宅に太陽光発電を設置することで、節電にも繋がりますし、何よりも売電をも可能とします。
設置費用の元を取るには10年程度と言われており、結果的には経済的に節約をすることが出来るのです。太陽光発電は売電分が丸々利益になるということは無いとしても、いくらかの収益が出ることは当然あります。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。電池モジュールも一緒に設置されることになるので、毎月最低いくらの儲けが見込むことの出来るという計算はすることが出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。
もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。太陽光発電を導入される時に余裕のあるシステムにしておくことで、買電と売電の差が無くなることはよくあることです。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。





脱毛 長崎はここへ
脱毛 長崎
URL:http://datumou-chihou.com/nagasaki/


【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられるブログ:15 12 18

物を通して
親と子どもの気持ちのつながりが捻れてしまった…
そんな二つの切ない光景が、
ボクはいつも思い出されます。

一つは…
単にボクがわがままだったせいか、
親子のコミュニケーションが
上手くいってなかったからなのかわかりませんが…

ある日、母が
かわいらしすぎて
当時のボクには似合わなかったと思われる柄の
ポーチを買ってきてくれたときのこと。

ボクの文句がエスカレートしてケンカになり、
ボクは激しく泣き叫び、母も泣かせてしまいました。

挙句の果て、
そのポーチは外に投げ捨てられ、
悪天候に濡れて転がっていました。

このケンカは、
お互いにわかってもらえない
気持ちのぶつかり合いだったようです。

ポーチに母のボクへの気持ちがこもっていることは
ケンカの最中も十分感じていたので、
悪天候に濡れるポーチは
ひときわ悲しくボクの目に映りました。

その後、落ち着いてから拾ってきて
長い間使うことになったのですが…

もう一つは…
おとうとがパパに買ってもらった
ミキサー車のおもちゃにまつわる光景です。

とってもおもしろいおもちゃで
おとうとは大喜び!!
庭の砂を入れては出す…という遊びに
毎日熱中していました。

でも、その遊び方が
パパは気に入らなかったみたいです。

戦争中志願して入隊したような人ですから、
木刀を振り回しているような
男の子を望んだのかもしれません。

パパは突然怒り出し、
そのおもちゃを蹴り飛ばして壊してしまったのです。

砂の上に無残に転がる壊れたおもちゃ。
そばにはもうおとうとの姿もなく…

後日悪かったと思ったパパが
より高性能なものを買い直して来たのですが、
どんなになだめても、
おとうとがそれで遊ぶことはもうありませんでした。


ホーム サイトマップ