【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる


【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる
あなたの自宅に太陽光発電を設置することで、節電にも繋がりますし、何よりも売電をも可能とします。
設置費用の元を取るには10年程度と言われており、結果的には経済的に節約をすることが出来るのです。太陽光発電は売電分が丸々利益になるということは無いとしても、いくらかの収益が出ることは当然あります。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。電池モジュールも一緒に設置されることになるので、毎月最低いくらの儲けが見込むことの出来るという計算はすることが出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。
もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。太陽光発電を導入される時に余裕のあるシステムにしておくことで、買電と売電の差が無くなることはよくあることです。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。




【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられるブログ:06 2 18

ダイエットするときには
「味噌ラーメンはダメ!」
「揚げ物はダメ!」
「ケーキやアイスキャンディーもダメ!」
…など、
「食べてはいけない」ということに目が行きがちですよね。

みなさんは、どうですか?

そのこと自体は間違っていないのでしょうが、
これをそのまま受け取ってしまうと…
「食べてはいけない」

「好きなものが食べられない」

「ガマンしなくちゃいけない」

「つらい」
という、世間一般でも連想されがちな、
ダイエット=「つらい・苦しい」
と言うイメージになってしまいます。

短期的に、
「1ヶ月だけ死ぬ気で頑張ってダイエットするんだ!」
というなら耐えられるのかもしれません。
(私にはできませんけれども…)

でも、その後はどうするんですか?
人間はずーっと何十年も生きていかなければなりません。
苦しさに耐え、1ヶ月だけ爆発的に頑張って痩せても、
その生活をやめてしまえば、
元の木阿弥です。

いやそれ以上に、過激な食事制限をすると
筋肉が落ちて、代謝も減ってしまい
残るのは、太りやすいからだだけです。

そして元の生活に戻すと、
前より体重が増えて、脂肪も増え
ダイエット前よりもブクブクのからだになってしまいます。

だからこそ、ダイエットというのは
長く続けられる方法でなければならないんです!

それなのに
ダイエット=「つらい・苦しい」
と思っていたら、
それをずっと続ける自分の人生は
ずーっと「つらく・苦しい」
ものになってしまいます。

これでは、
ダイエットを長く続けるモチベーションが続きませんよ!

――――――以上で今日の報告を終わります。
【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる

★メニュー

【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる
【お役立ちメニュー】長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
【お役立ちメニュー】保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
【お役立ちメニュー】数々ある太陽光発電を設置することのメリット
【お役立ちメニュー】注目が集まっている太陽光発電
【お役立ちメニュー】高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
【お役立ちメニュー】太陽光発電を自宅に設置するためにはいくらの費用が必要なの?
【お役立ちメニュー】家計に優しい電力確保なら太陽光発電
【お役立ちメニュー】上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)欠かせません!安心の太陽光発電ガイド