【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある


【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある
これまでの日本という国は世界でもトップクラスの原発に依存をしている国だったのです。
しかしもう原発の時代は終焉を迎えました。これからは太陽光発電によって安心安全の電気作りなのです。自治体でも太陽光発電の助成金制度が導入されていますが、制度を実施している自治体の数はまだ限られています。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。太陽光発電の助成金制度について東京都では、助成金の申請というのは太陽光発電の工事が完了してからシステムの稼働開始後に可能となります。
なのでJ-PECへの申込が受理されることが無かった場合でも、自治体助成金の申請に間に合うこともあります。 世間的に話題となっている太陽光発電は、まだまだ発展途上でありまさにこれからの電力供給方法と言えます。
しかし続々と太陽光発電の設置は進んでおり、いずれ全てのご家庭に必要不可欠なシステムとなることでしょう。国の助成金制度とは別に太陽光発電システム以外にエコキュートと呼ばれているモノもありますので検討してみてください。
また他の省エネ設備と一緒に設置しなければいけないという自治体も中にはあります。




【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もあるブログ:19 7 18

我が家には、
一緒に暮らして14年になるイヌの太郎がいる。

7時7時、夕5時の散歩が日課となっているが、
その時間になるとまるで時計を睨んでいたかのように
「ワン」とおっしゃる。

運動といえるかわからないが、
唯一14年間続いているのが太郎との散歩である。

家を出て信号機までは、小躍りする太郎に引かれながら走る。
信号機まではおよそ100メートル…ここまでは全力疾走。
太郎も高齢だが、こちらも負けじと太ももを上げる。

そこを越えると
川沿いの土手にたどり着く。

ここで太郎は、じっくりと縄張り確認の臭いをかぐので、
僕は肩回しや首回しをしながら7時の空気を吸う。

次に、公園通りに進む。
この公園には、独自のスタイルで運動に励むお爺さんがいる。

あめの日は見かけないが、
寒い日でもランニングシャツ1枚で
大きな声を出しながら運動をしている。
僕と太郎を見ると大きな声で話しかけてくれる。

そしてゆっくりと公園通りを抜け、川沿いの堤防道へ。
目の前の信号を渡れば7時のゴールとなる。
所要時間にして、20分程だろうか。

夕は、ルートを伸ばしたり変更したりして
約30分のコースにする。
わずかな時間だが、気がつけばあめの日も風の日も続けている。

健康のために運動!と
意気込んでジムへ通ったこともあったが、
続けるのが難しい。

日々の腹筋を自分に課したこともあったが、
誰かが見張ってくれないと恥ずかしながら続かない…

運動はリズムだと思う。
自分の生活にテンポよく刻めるようになるまでが難しい。

僕は強固な意思を持ちあわせていないので、
鳴ったり鳴らなかったりの不協和音の日々だが、
7時夕の散歩だけはかろうじてリズムを保ち続けている。

「誰のお陰だワン」という声も聞こえてきそうだが…

【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある

★メニュー

【お役立ちメニュー】買電と売電がゼロになることも考えられる
【お役立ちメニュー】長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
【お役立ちメニュー】保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
【お役立ちメニュー】数々ある太陽光発電を設置することのメリット
【お役立ちメニュー】注目が集まっている太陽光発電
【お役立ちメニュー】高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
【お役立ちメニュー】太陽光発電を自宅に設置するためにはいくらの費用が必要なの?
【お役立ちメニュー】家計に優しい電力確保なら太陽光発電
【お役立ちメニュー】上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
【お役立ちメニュー】中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)欠かせません!安心の太陽光発電ガイド